AGAは病院に行くと必ず治る?

最近話題になっているのがAGA専門の病院です。

髪に悩みを持つ人であれば、ほとんどの人が知っていると思います。

今や、全国各地にAGA専門クリニックがありますよね。

電車広告やインターネットでもよく見かけます。

でも、気にはなるけど、なかなか受診する勇気がないのも事実。

だって、本当に効果があるのかわからないですよね。

確実な効果があるのであれば、日本にハゲている人なんていないのでは?

なんて思ってもしまうものです。

実際はどうなのでしょうか?

AGAの病院では、頭髪専門医師が医学的根拠に基づいた上で治療をしてくれるため、かなりの人が効果を実感することができます。

医師の指示通りに通院をし、普段の生活にも気を付ければ、確率としては90%もの人が薄毛を克服できることがわかっています。

90%という高い数字を見ると、これは期待してしまいますよね!

悩んでいるならクリニックに行かない意味はないでしょう。

しかし、残念ながら、90%という数字が示す通り、専門病院に行ったからといってすべての人が薄毛を克服することはできないのです。

なぜなら、現在病院で行っている治療は「AGA」に特化したものだから。

薄毛で悩むほとんどの人はAGAであると言われていますが、中には違う原因で薄毛になっている人もたくさんいます。

薄毛の原因がAGAでない限りは、AGA専門病院に行ったとしても期待はできません。

また、AGAだとしても、体質が薬に適応しなかったり、医師の指示通りに通院や生活をしなければ、理想の結果にたどり着くことはできません。

Comments are closed.